マイナンバーで高収入アルバイトは会社にバレる

副業で高収入アルバイトをやっている人は、マイナンバーで会社にバレる可能性があります。会社にバレる理由としては、住民税の納税額が会社にわかってしまうためです。住民税の納税額から逆算して、給料に比べて大きな金額の住民税を支払っている場合には、「この人は副業をやっているな」と疑われてしまいます。

高収入アルバイトの場合、副業の割合が大きいことがあります。場合によっては、メインの仕事の年収が300万円、高収入アルバイトの年収が200万円といったように大きな割合を占めることもあります。そのような場合は、高い確率でバレてしまうでしょう。もちろん、会社には風俗をやっているとか、詳しい職種まではわかりません。不動産営業をしているとか、それらしい理由をつければマイナスイメージにはつながらないでしょう。
今回情報をくれたのが「和歌山高収入アルバイト リッチリクルートジャパンです。西日本を中心に稼げる仕事があるナイトワーク系の求人会社です。
特に和歌山エリアでは最大級の求人情報が掲載されています。一度ご覧ください。

しかし、会社の方針で副業が禁止されている場合には、会社をクビになるリスクもあります。
会社の規則で副業が禁止されている場合には、慎重に考えるべきでしょう。

カテゴリー: 高収入アルバイト パーマリンク